読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな暮らし 練習帖

断捨離から身の丈に合った小さな暮らしをめざします。生活をダウンサイジング。楽しくゆとりを持って暮らす方法を模索中です。

共働き家庭が生活を整えるために

こんばんは。
小さな暮らしを模索する、働く主婦の未来(みき)です。


働く主婦として15年ほどここまでやってますが、ここに至るまでのいろんなことをふと最近思い出します。
それをつらつらと今日は綴ってみようと思います。

私の働き方と夫について

私は、8時半から17時までのフルタイム勤務をしています。
残業もハンパない職場で、出産前までは20時まで仕事して帰るというのは結構ザラでした。
産休、育休を経て、職場復帰をした後は、残業の少ない仕事をしてますが、それでも、たまに残業しないといけないし、泊まりの仕事も数年に1回程度はあります。

仕事は好きなので、全く働くことは苦になりません。
むしろ、働かないという選択肢は私の中にはないし、これからも、できる限りは今の仕事でがんばっていこうと思ってます。


こんなワーカホリック気質を持った私を、夫は割と自由にさせてくれています。
仕事で遅くなっても、スーパーの惣菜ばかりの夕食でも、文句1つ言いません。
結婚を理由に仕事を辞めないでほしいといってくれた経緯もあり、私は自由にずっと働いてきました。

夫の家事協力について

じゃあ、夫は家事をしていたのかと言われると、答えはNOです。
基本的には家事は私の仕事でした。
もちろん、全くしなかったわけではありませんが、家事の大半は私がやっていました。
それに対して、私自身は、働いているからといって、夫に家事をさせることに抵抗があり、家事くらいは自分でしようと頑なに思っていました。
実際は、掃除もほとんどできず、ご飯も作れない日々が続くこともしばしばでした。

育児にも消極的な夫

子育てに関しても、夫はあまり積極的になれない様子でした。
多分、母親と父親の違いで、男親ということもあり、息子に対してどうしたら良いのか、わからなかったのかもしれません。
もちろん、息子に対する愛情を感じなかったわけではありませんし、なにも関わらなかったわけでもありませんでしたが、私はもどかしさを感じざるを得ませんでした。
育休の間は、私が息子の世話をすればいいだけなので、あまりその辺りは気になりませんでした。
でも、職場復帰をしたときに、果たしてこれで良いのか?と疑問が湧いてきました。
だからといって、いきなり、息子にもっと積極的になれと言っても、不器用な夫は戸惑うばかりなのはよくわかっていたので、その問題については自分の中でうやむやにしてきたわけです。

断捨離を経て

そして、職場復帰を果たして数年のうちに、いろいろな問題が顕在化し、どこかで生活を立て直す必要を感じるようになりました。

そして、出会った断捨離。
家の中から、不要なものを手放し、疎かにしていた掃除も意識的にするようになりました。


はじめは、自分1人でひたすら今の生活から脱却するために黙々と物を手放し、家をきれいにする作業を進めていました。
夫はいきなりの私の変化に戸惑っていたのかもしれません。
が、そんなこともおかまいなしに、ひたすら、粛々と断捨離を進めていきました。

すると、夫が少しずつ変化していきました。
まずは、息子に対して、前よりずっと関わるようになりました。
不器用ながらも、夫なりに息子と遊び、楽しそうに過ごす時間も増えてきました。
また、私が掃除している間に、黙って洗濯物を干していたり、洗濯物を畳んでいたり…と、さりげなく家事を手伝うようになってきました。
そして、今では、私と同じくらい息子と遊び、家事をこなす夫の姿が見られるようになりました。
そして、家の中も少しずつですが整い、みんなが居心地がよい家になろうとしています。


思い込みを捨てる

この一連の流れを体験して思うのは、自分の思い込みのせいで随分自分で苦しんだんだなということです。

私の主な思い込みは
・夫は家事ができない
・夫に家事をさせる妻はみっともない
・夫は不器用だから私が子どもの世話をする方がいい
・夫は家ではのんびりしたいはず
・息子は子どもだからなにもできないはず
ということです。

でも、実際は、
・夫は料理はできないけど、洗濯、掃除は意外とうまい
・夫が家事をできないままにしておく方がうちにとっては良くない
・夫は不器用だけど息子とのんびりつきあうことができる
・夫は仕事の疲れを育児や家事をすることで気分転換できている
・息子は子どもながら、私の手伝いができる
のです。

この思い込みを捨てることで得られた成果は相当なものです。
家族としていきていくためには1人が全てを背負いこむ必要はなく、みんなで分担していったほうがみんなが幸せになれると思えるようになりました。
そして、実際に家事をみんなですることで、家をみんなで整えようとする意識を持つことができるようになりました。
そのおかげで、少しずつ家が家らしくなっているし、忙しい中でも生活もだんだんとうるおうようになりました。



実は4月から私が新しい職場に異動しそうな感じです。
そうなると、ここまで作ってきた生活がどうなるのか少々心配ではあります。
でも、少しずつ生活を作り上げる習慣ができているので、なんとかなるかなとも思っています。
絶妙なタイミングで、断捨離に出会えてよかったと思うばかりです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村